透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

幸せとはなんだろうか?

私の日常はクライアントさんと会話する事を常に現場で行う訳で

当然ながら、人それぞれ歩んできた人生も違う。

多い時は一日12時間は会話していて年代も性別も生活も職業も個性も全部違う物で

多くの女性が憧れるように職業に就いていながらも争いの日々で疲労している男性もいれば

奥さんに養われている男性もいる。

才能に恵まれ社長で時間とお金があるけど、触れてはいけない過去がある方もいる。

女性はでは何もかも今の現在女性が憧れる生活を手にしているのに

いつも物足りないと言い張り回りにいいかげんにしてくれと言われる女性もいたりする、汗

シンママで苦労しているけれども幸せそうな家庭だってある。

1人の人生を楽しいめる人もいれば

1人でいる事にとてつもなく耐えられないので、誰かに依存するしかない人生もある。

お金で言えば、どれだけあっても足りないとほとんどの方は語る。

それはどうやら慣れてしまうからだと私は思う、

1カ月、1000千万の生活が普通になればそれでも足りないと人は語る。

逆に1カ月20万でも、足りないけど幸福度に差がない事もあるので

どう考えていいのか私には解らない事がある。

現場の声をなんでも話す訳にはいかないですが

知れば知るほど、幸せはなんなのか私には正直解らないのですが

1つ言えるのは、より執着が少ないほど心は自由で楽な事で何かに欲望がなく無頓着な人のほうが

幸せに見えてしまいます。

現場で話すほど、人は1つの宇宙ほど存在の多様性に満ちていて

また、時代性の価値観も多彩ですし

5000人以上鑑定してみても、幸せの定義は私にはイマイチ解らないのです。

ただ、1つだけ嬉しいと感じるのは

言葉に出せば陳腐だけども

みんな何かを愛している事なのかもしれません

それは自己愛しかない人ももちろんいるけれど

理想主義の私はそれでも愛が消えない世界を見ているは悪くないですね。


風至




スポンサーサイト
つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |

欲しい物が売ってない不思議

何故かいつも欲しい物など本屋見たり、

ネットで調べますが何年しても出てきません。

私が欲しい物は例えばバックだとしたら、
新型太陽光発電システムを搭載した、軍事使用の丈夫で便利な物ですが、売っていない。

パソコンならNASAの衝撃吸収特別仕様のデザインが欲しいがやはりない。

靴ならオシャレなタクティカルブーツがあればいいけどない。

ジーンズなら柔らかい素材でかなり丈夫な物もなかなかない。

建築物なら、ヒノキで枠を組み近代の耐震技術も高く、その上夏は涼しく、冬は暖かい近代的な物をあまり見かけない。

これだけ物が溢れた世の中で、どうしてここまで見つからないのか?

恐らく私がマニアだからとしか言いようがない。

丈夫で便利なソーラー電波時計にヤントラが刻印された物も何故ないのだろうか?

無いとゆー事は多くのユーザーが求めていない物を求めている訳ですが、

いつか会えたら嬉しいですね。


つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |

か、かわいい^^

ご主人が帰宅したら飛んでお向かいにくる猫さん^^

かわいいですね^^







つぶやき | コメント:1 | トラックバック:0 |

時代

素敵な名曲ですねー(*^_^*)

心に沁みますね^^






つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |

どうなんだろう?とっ思う事

よく知人と話している時、

普通の視えた物や出来事を話す事もありますが、

知人にあなたは何者ですか、凄いと言われますが「普通の男性ですと答える」

そして、

もっと自分に自信を持ち、謙遜しすぎないようにしたらどうかと言われますが、汗

私がどう感じているかと言えば、

恐らく、もっと優れた霊能者はいるであろうし、

私の人格はまだ器が大きい訳でもないし、カリスマ性がある訳でもないと感じています、汗

こうした能力者同士では、スポーツみたいにそもそも比べる事が難しい世界ですから、

比較的、個人の受けてみた感想のみが頼りなのかもしれません。

確かに8年間、自分なりに、模索して、

プロとしてやって行く為に努力をしてきたのは事実ですし、

その期間の間に実力も向上はしたとは思いはしますが、

いつも感じるのは、

自分の実力や人としての有り方など、

「それほどではないかなと感じてしまう」

何故ならばこの世界には身近に素晴らしい才能がある方が本当に沢山いるのだ、

それだけは間違いない、

ただ、私が望む事があるとするならば、

私は先生と生徒でもなく、

師と弟子ではない、

互いの役割を尊重し合えるようなセミナーならしてみたい気がしないでもない、

そうすればブログでは語れないような事も伝えられ共有できますし、

もしも、それで誰かの人生が豊かになるならしてみたい物ですねー。

ただ、そうしても未だに「あなたは素晴らしい」と言われてしまいますと、

正直なんだか、こそばゆいのが本心だった、汗


私の本心は権力や認証願望より、どこか自由を求めているからだと思う。

ハートから自由に神に想いをはせている夜は大変、幸せなのです。

やはり、どうなのかなー?と思いますね、汗



風至






つぶやき | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>