透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

潜在意識と毒舌

日本人は昔から本音と建前を曖昧にしてきた民族なのかもしれませんが、
最近亡くなった立川談志さんは、

「タブーを破り芸にするプロだった」のだと思います、
芸人の有吉弘行さんも毒舌が売りで、型破りな毒舌で笑いを取るのですが、
バライティーの枠の中なら問題ないかもしれませんが、

私なりには意見があった、
毒舌を吐けば潜在意識の中の不満やネガティブな部分を強く刺激して、
「そうそうアイツバカだから」
みたいな感じで笑いになり終わりかもしれませんが、

スピリチュアルカウンセラーとして色々経験してますと、
どうにもそうした、幼稚なじゃれあいで笑えなくなる事もあります、

何故なら、学生のお客様が来て40キロで回りがデブとかブタとか言いますと、
食事もとらないTさんの母親が泣いていたのが印象に残ります、
私は心ない言葉はあまり好きではなく、
Tさんは何キロになればデブと言われないのか?

また、最近もメディア洗脳も、不安、悲しみ、怒り、ばかりを潜在意識から取り出し、
視聴率を取る訳ですが、
若い世代が真似をしているのも見かけたり、
人の不幸が面白いとゆー風潮には、どうもなじめないでいます、

それだけ、人間の潜在意識には不満、怒り、不安、マイナスがあるのは分かるのですが、

言葉の刃で心がズタズタなお客さんを見る度に、
「けっこう残酷な舌の持ち主がいるなー」と遺憾な気分になります、


こうした記事を書くと私はジョークの通じない奴と思う方もいるのかもしれませんが、

少なくともそれだけ心の傷の意味を知るからなのです、
私もまだ修行中ですが、舌が侵す罪と人の想いをあまり軽視しないで欲しいと願ってやみません、


私の仕事でさえ今まで散々ボロカスに言われますし、傷ついてきましたから、
「潜在意識のマイナス部分」に負けて、
人が人を傷つける世の中が早くなくなればと思いますねー。


風至

スポンサーサイト
心理学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>