透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

霊的な深い段階では言葉が役に立ちにくい

体調が悪い時でも、

意識は霊的な事を様々考えていたし、

1人1人の人生のタイミングなどを想う時、

意識レベルを超えた物事は必ず出てくる事も事実多く、

そうした時どのようにして説明出来得るか?
良く考えてしまいます。

例えば、社会のルールの上で進学や職業もそうで、

魂が望んではいないけど、そうせざる得ない事ももちろんある事ですし、

逆にそのように流れがある人生もあるのです。

また、魂が進化した人物は着眼点も違いますから、
もちろんの事、カンタンに説明できない事もあれば、

逆に予備知識があまり無い時は、

噛み砕いて、親切に丁寧に説明する必要性もある。

これだけの多くの魂の自己実現、幸せの価値基準があり、
そしてまた、想いの形がある中でやっていくには、

心の柔軟性が必要なので、

オチを言えば

勉強も必要なのですが、

時にはイタリア人みたいに「人生を楽しみながら仕事も行う」
柔軟差が必要かもしれないと時には想う。

尚且つ、人が犯しそうな罪から避けるのも至難な技でして、汗

いやはやなかなか未熟な私にはむずかしいです、汗


風至




スポンサーサイト
スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>