透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カウンセリングの効果について

私は今でも半年に1度はカウンセリングを受けている。

何故なら色々な想いが蓄積して上手く処理できない事も私にもあるからだ。

病んでしまう前の予防線でありデトックスのつもりで受けると、

相手もキャリアがあるプロですから大変安心して受けられ、スッキリします。

そこで、知人にこんな話しを聞いた、

Aさんとゆー精神科のカウンセラーは大変カウンセリング技能が上手く、人気で大変、愛情深く、
患者が治る事も多くあるのだと語る。

しかし

Bさんとゆー精神科のカウンセラーは一番してはいけない事をする、それは、
悩んでいる相手に、
「それは自分でなんとかするしかないでしょうね。」

なんて、いきなりオチしか語らず薬ばかり出すとゆーのである。

それは治らないし人気が出ない訳だなと内心思わざる得ない気分だった。

私なりに想いには、人が人を信頼し、
会話する事、

言葉に親切な愛情を乗せる事、

相手の家庭や生活、想いにちゃんと理解をしめして語る事は普段から心がけているので、

正直、オチしか言わないカウンセラーはいかがなものだろうかと思うのです。

恐らく私達は色々な事が起きる物ですが、

家族間でも、パートナーでも、友人や知人でも信頼を大切に出来たらどれだけ良いだろうか?
そんな事を想いをはせてしましますね。

不信は悲しい事でもあるし、我々は何をも信じていない状態では健全に生きていけないのですから。

風至

透視カウンセラー風至のホームページ



スポンサーサイト
| コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。