透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

サイババとの出会い

記憶をさかのぼると、サイババと、

出会いは本からだったのですが奇妙な感覚を思い出します。

14歳のある日、私はあらゆる本を読んでは、、すぐに飽きて、
様々な霊的な本を読む変な少年でした、

何か足りない、

違う、

とっ本を読んではため息ばかりでした、

そんなある日
母親と書店にいてうろうろしていると、

サイババの本を見つけたのですが、

本を開く前に何か唖然として本を開けず意味なく、

立ちつくしていました、
母親が
いくよーとっと声をかけられ、
その日は仕方なくその場所を離れ
次の日に書店にサイババの本を買いに行くと、
売り切れで買えないまま家に帰りました、

それから2年後、

ようやくサイババの本を青山さんの真実のサイババを、
見つけ読み始め、

あらゆる哲学を読んでいた私は、
ようやく、

求めていた真理に出会えたと、
本に垢がつくまで、
真理の意味とサイババの言葉を、
あらゆる切り口から、
思考する日々が始またったのですが、

それから数年後に、
参りましたと、
ゆーような経験をまさか自分がするとは、
思わず


真理について思い巡らせる、
毎日に引きずられているような

時間を風至少年は過ごしていました。







スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アージュニャー第6チャクラ | ホーム | 妖精はいますか???>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |