透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

故人の遺志

我々は死んだら、
何もかも終わりと思うかもしれないが、

そうではなく魂、想い、心はまだ生きているように動きを見せる事も科学で証明できないが有る、

もう、1年前ぐらい前のお客様に了解を得たので書く事にしたが、

Cさんと連絡できず困る現象が事実起きた、

それは亡くなった大変パワフルな男性のメッセージだった、
「余計な詮索はしないで欲しい」
そうした意志だったが、

私はどうしてもCさんに連絡する必要があったが、

霊体のパワフルな男性は強力で、
Cさんに連絡メールを書く時にパソコンがフリーズしたり、

携帯でCさんにかけようとしたら手からすべり落ちて、
損傷してしまい、汗

もう1代の仕事用の携帯の電池パックまで、
おかしくなり、電源が落ちるのはいつもCさんに連絡しようとした時でした、

これではまずいと思い今日は、
何回もマントラを唱え、

パワフルな男性の霊に心を向けて1時間、
謝罪して、お香をたいて、
マントラを唱えて、

誠実に「勝手にすませんでした」と祈り、

Cさんと連絡を取ると、
まったく電波障害も起こらないで、極めて順調にお話しできて、
安心しました(>_<)

もしも、
亡くなった方が私のような立場の人間が介入するのが嫌な時は、
こうした事も起こるようなので、

故人の遺志に敬意を払い、

慎重に行う必要があるなと心底、反省しています、

もしこうした依頼が来たら、
なるべく信頼関係なども配慮が必要だから、

自分なりに努力するしかないと思いました。



風至







スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<心に栄養、名言 | ホーム | シバの葉の個人的な予言破り>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |