透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

ブッダの啓示?

21日の夜、

午後8時6分頃まで知人と会話していたが、

電話を切り、お香を炊いて瞑想を始める、

心が静かで静寂の中で呼吸を深く、そして、

静まりかえる時に、

第6チャクラ付近に黄金のブッダの仏像を感じ、美しいと感じたが、

「私の覚醒体験はある意味で残念な感じになるのだった」

頭の中にブッタがいる感じは平安で大変いい感じではあったものの、

突然、

頭の中で、凄まじい音で、まるで神社にある鐘の音が鳴り響いて、
耳が痛くなり、

ビックリして瞑想から目覚め、

頭がクラクラして正直「痛いぐらいだった」

それはそうかもしれない、もしも、
頭の中で鐘を大きく鳴らしたら普通の人間ならキツイ物がある、

時計を見ると、
午後8時23分だった。

少しふらつきながらベットにもぐりこんで眠るのだが、

頭の中で、101と数字が浮かんで、まず1が消えて0が消えて、

1だけが残る体験はした、

少し眠くなるが、頭の中にニュースが流れる感じで、

日本は経済と地震の問題が今後あるような意識で、
とりあえず、目覚めてテレビをつけたら、

似たようなニュース番組が流れていた、

そうした社会現象は、
それほど気にならなかったが、

1とゆー数字が、まだ意識の中に残る感覚がある、

そして想う、

瞑想は色々してきたが、
「なにも頭の中で鐘を激しく鳴らさなくてもいいのに、汗」

なんにせよ、
神々やスピリチュアルに意識がある分、この時期は色々キツイ物が多く、

普通にコンビニで歩いていて、
背中を霊体に触られ、キョロ、キョロしている自分が、
不信人物のようにも思えるのが少々悲しい気がしないでもない。

ただ、

「私が想うに日本人の古き良い精神が必要とされ、
調和、許し、慈愛を持つ国になるべきなのではないかと感じています、
確かに、人間は生まれながらに魂のカルマがあるかもしれない、
環境や、性質の違いがあり、
信念も異なるが、
人間の深い魂の奥にある「愛」

これだけは普遍的で変わる事はけしてない、

私達が、
もしも、真に愛がないとしたら、
今こうして、いられないのが真理でもあるからだ、

私は想うのは「何かを愛しているのが人であり神なのだと思う」

どうか皆様が来年、

様々な形があるにしても、
愛や信頼、絆により、安らぎと共にありますように。





風至








スポンサーサイト

スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<クリスマスの祈り、心が愛で溢れますように。 | ホーム | 転換期と生命の退化と進化>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |