透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

時代を象徴する言葉と真実は違う。

先日歩いて色々な言葉が、

飛び込んで来て心が痛くなってしまいました、汗

女性達がこう語る「てかさーめんどくさいからお金あれば結婚とかもそもそもいらんよね」

そんな会話だった、
ある意味今時ならよくある言葉は素直な本音かもしれない。

しかし
私の心はその言葉に拒絶反応のような痛みに似た気持ちが湧きあがる、

私は思う「ほほ笑んでくれる人がいる事共にくだらない事で笑い、
食事を楽しんだり季節の変化を慈しんだり、
元気にしてますか?
そうメールしたり、それが愛でしょう」

誰でも1人で生きていける訳じゃないよと言いたい言葉を飲みこんで。

自分はそんな意識になるまいと決意する、

単純に私はあまりにも色々な助けや笑顔に支えられ今こうして、
いられる、それらをひと時の感情で、
汚れてはいけないような気がしていた。

他の国にはもっともっと過酷過ぎる環境で笑顔の人もいるし、

仲のいい夫婦もいます、

その女性達の絶望の言葉を聞いて、

逆に心が震え、

「よしじゃー自分は愛情を心から信じようと再度想う」

もはや信念になりつつあるかも、笑

しかし
これらには意味がある、
人間とは生活レベルを落とすのは難しく、楽に見える事を好むのが現実だ、
何故なら人間は文明が進化したせいで
体をあまり動かさないでも色々な事が事実可能になった、
科学の進化は、
「人間に楽をしたいいと教えているようだっだ」

しかし、むしろ楽でなくなったのは人の心だと感じる、

事実
裕福な家系や国も心の病が増えている、

では裕福なのになぜ落ち込むかと言えば、
マネーゲームや生きる躍動を見失うと人間は容易に、

生きる意味での大切な事を見失うのである。

私は嬉しいのはとても単純で必要としてくれてるみんながいるのが嬉しい(*^_^*)

能力とかではない、
たまに「風ちゃん話ししよーよと声をかけられ」
つまらない会話してて幸せになる。

何故ならそこに「信じる想い、信頼感があるからだ」

どうか

大切な事を「物」でごまかさないで欲しいと1人願う。

真心を込めて。





風至






スポンサーサイト

スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スピリチュアルカウンセリングと料金について、そしてシステム変更のお知らせ。 | ホーム | 生命の力と2月の日本の流れ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |