透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

神に祈れない時神は聞いていた

私は神によく祈るほうですが

日常はあまり自分の事は祈らないようにしている
エゴに満ちた祈りはあまりしたくないからだった。

しかし
先日、私も透視カウンセラーとしてこうあるべきと気を張るが
それが崩れ。

神に祈る事にした。
「何故悪い人のほうがより恵まれ真面目に生きている私やその仲間は
こんなに苦しんでいるのでしょうか」

あんまりではないですか。

カウンセラーでも霊能者でも人間ですから
悟りを開いている訳でもないですし

悲しみを知るほうがカウンセラーとしては
最後にはいいカウンセラーが多いのも分かる。

だけど

政治、組織、その裏を知れば知るほど
いつの時代の人はこうなのだろうかと時折
悲しくなるが。

神はその声を見逃していなかった。

自分が我慢さえすればと忍耐していたら
その悪事を働いた本人にダメージが来て

真面目で忍耐強く、良心的な方が
ついに報われるのをこの目で見て聞いた時

ほっとしました(*^_^*)

きっと私は不器用で下手な生き方しかできないけれど

それでも最後まで人が好きな自分であれるように。

自分の中の弱い自分と礼儀と共に向き合う努力をいたします。
真心を忘れない為にも。




風至


透視カウンセラー風至のホームページ





スポンサーサイト

スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<これは涙腺崩壊しました、もう無理見れないかも。汗 | ホーム | 忘れてならない良心とハート>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |