透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

透視カウンセラーが心理カウンセリングを受けるとどうなるか?

私は半年に1度くらいのペースで心理カウンセリングを実は受けています(*^_^*)

特別大きな理由がある訳ではなく

人間は時にストレスが蓄積して病にかかるのを防ぐのが目的である。

相手もプロであり守秘義務がありますから
安心して話せるのは有りがたい話で

欧米ではこうした事は普通に行われているのですが

日本の医学は10年遅れているのもうなずける気がいたします。

さて
先日もカウンセリングを久しぶりに受けましたが

これがジョークのような話しでもある、

相手は自分の事を知りたいようですが、

なかなか聞けないようなプロ意識があるので
オーラの乱れが多少ありますが、さすがプロです。

キチンと心理カウンセラーとしての振る舞いを崩しません。

ただ
いつも聞く言葉は
「よく精神力持ちますね」なんて言われてしまう、汗

だから、こうして来てるんですよー(笑)

なんて会話している時に

どんな感じで認識できるのか?興味深いです。
こんな職業はかなり珍しいです。

と、なにか不可解な病にかかった患者さんを見るような顔をして
首をかしげていました。

日本では未だに
カウンセリングを受けるのは病んだ人と認識がありますが

私は職業柄もありますし経験としても

未然に防ぐにこしたことはないです。

肉体の健康も同じです。

医学ではそれが誰が見ても明らかにになるまで蓄積すると
簡単には治りにくくなりますから。

皆さんも未然に「自分の健康は自分で守る意識が必要な時代」なのかもしれないですね。




風至


透視カウンセラー風至のホームページ







スポンサーサイト

心と身体 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<叶えられた祈りと安心 | ホーム | 傷ついたチャクラの回復>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |