透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

外部への怒りと内部への怒りDVなどのケース

人間は怒りを感じる生き物ですが、

最近では健全でない内部に向けられる怒りを良くみかけます、
さて、怒りは動物にも見受けられますが、

太古の本能として外部に怒りえを向ける内は人間もまた正常と言えるのではないでしょうか?

何故なら自己防衛本能は誰にでもあるからです、

しかし、最近は共依存や洗脳的関係性などにより、
内部つまり自分に対して怒りを感じてしまう、
健全でない怒りを沢山見るようになりましたが、

それが一番起きやすいのが恋愛的依存と、
離婚の理由となる家庭内暴力なのです、

ある女性Aさんとしましょう、
彼女は旦那さんの暴力に耐えて、こう言います、

「ホントは優しい人なんです彼は」

優しい人は妻を怪我するまで殴るでしょうか?
答えはノーです、

そうしたAさんの心の中に何があるかと言いますと、
無意識に旦那さんに責められた脅迫観念とゆー自分に対する怒りなのです、

これは、個人的な家庭の枠の中で起こる事なので、回りに認知されにくいのですが、

DVは大きな問題として扱う必要があると私は思います、

さて、自分の中に自分に対する怒りがある人は一度落ち着いて、
何がそうした感情を引き起こすか耳を心にかたむけてみてください、

案外、とても身近にいる、

人の成長していない行動かもしれませんよ?


スポンサーサイト

心理学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<浄化の方法と法則 | ホーム | 神々の計画と苦難>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。