透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

受け入れる事の難しさと、お金社会の疲労

サイババの言葉がとても好きで、

よく分からないでいたのは「何事もあるがままを受け入れなさい」

この言葉の意味の奥を探していました、

受け入れるには何が必要なのだろうか?

どうすれば、すんなり受け入れる事が出来るだろうか?

そうすると

こうなる

今の現状は好ましい物ではないけど

今、出来得る事を努力して、期待、執着、不安も、ある意味諦めて呑み込んでみる。

感情に左右されないようにしながら、その流れをただ見ているようにする。

相変わらず努力はしながら、後は全て神々に任せて時をの流れの中で過ごす。

すると精神が楽な自然な祈りや瞑想に近い意識状態になる。

すると一時的に人間は聖者に近い状態に近ずく。

間違いかもしれないですが、私はこのように解釈していた。

確かにしてみると生きるのがかなり楽な感じです。

「自分の物だとゆー意識が減るのが不思議です」

しかし

解せないのは、この社会のしくみだろうか、

私達は毎日、お金に支配され、お金が無いと色々出来なくなります。

それが、現在の当たり前なのでしょうが、宮崎駿監督が漏らした言葉で「もうお金設けしなくていい仕事がした」

私には何故かそれが理解できたような気がします。

私も、お金を必要以上にかける仕事はしないで済むならしたくないほうです、汗

ただ、日本人の普通の暮らしを維持させ、家族や仲間も守れない状態はさすがに嫌なので、
どうしても金銭が必要な社会だからそうしているだけなのです。

消費税が8パーセントになり、物が高くなれば、私もですが、
低所得層の皆さんは、物をあまり買わなくなるでしょうし、

結婚もよけいでも、したく無い方も増えていくでしょう。

こうして、毎日。日本経済に振り回わされて生きるのが、私は(生きずらなー)と、
皆さんと同じように感じています。

それすらも受け入れるしかないのは少し泣き寝入りな気分でしんどいですね、

半沢直樹のような政治家がいたら私は支持するだろうなと思いましたね。




風至





透視カウンセラー風至のホームページ




スポンサーサイト

スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<透視カウンセラーとしての想いと憂い | ホーム | 質の良い睡眠は学問にもミス防止にも良い>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。