透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

どうやら育児に正解が無いようです。

まず、子供がいない私が語るのは大変失礼だと思うのですが、

育児に悩んでいる方も多くいると思います。

ですが、この仕事をして、かなりの人数、子供さんと両親を見てきて思うのは、

「子供のもつ魂や個性を理解したほうがいいのかもしれないです」

例えばAさんの子供さんは下半身のチャクラが強力だから、2歳で力も強くスポーツ向きだったり、

Bさんのお子さんは物事の捉えた方が特殊なので、芸術性を育てたり、

Cさんのお子さんは魂だけ大人なので放置気味のほうが実は良い事さえあるので驚きです。

本屋で育児の本を読んで見たのですが、

あくまでもセオリーしか書いていませんでした。

ただ、言えるのはお母さんは「なるべく回りと比べ競争しないほうがいいかもしれません」

競争は常に勝ちと負けがあります。

どの道、個性や魂の得意性は無視してでも、勉強で勝ち、スポーツで勝ちそうして勝つ事で、

大人になった方はやはり好戦的で、

ジムで運動してても、何故か競争されて隣で「どうだ」って感じなので困りますね、汗

どうもこうも自分に合わせたトレーニングメニューをしてるだけなので、汗

なんで?
そこまで意味なく張り会うかと言えば、そうした競争癖のせいでしょう。

ただ、私の知るかぎりでは子供はよーーーーーく見ているので、

過剰反応しないように、両親がいたら助けて頂いたり、

泣きたいほど辛い時は、子供の前で泣くのでさえ教育と思うほうがいいかもしれません。

どれも正解なんてないけれど、

これだけは言えます親子の信頼感がちゃんとあれば、離れていても、母子家庭でも上手く行く物です。

ただ、時々、霊的な修行をして転生した魂の子供は、

未知の可能性があるので、良い意味でも末恐ろしい気がしないでもないですね、汗




風至








スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現在メールを返信できてない方にお詫び | ホーム | 便利すぎる通話機械と、幸福>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |