透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

善と悪とグレーゾーンについて

ある人物から私を見たら悪で、他の人から私を見たら善で、
そのどちらでもない人から見たら私は善でも悪でもない、

それは価値基準が異なる、世界では当たり前の事なのだろと私は思う、

それは世間的にイケメンや美人の定義と同じく曖昧なのは、善や悪と似ている気もします。


私はスピリチュアルな仕事をしていますが、仕事に誇りを持ちベストを尽くします、
常に自己採点をして、クライアントの方に不愉快な気持ちなならないように、お役に立てるように、
しかし、現実は「その価値は人が決めるのであり本物、偽物でさえスピリチュアルの世界では容易にぼかされてしまいます」

それゆえ、私は善でも悪でもグレーゾーンでもあります。

しかし、それは人間本来の神の姿なのではないかとも思えてなりません、
個性があり様々な宗教があるように、
どれが悪いのでもないと思うのです、

生まれた家がチベットで崇拝する神が違う事や考えが違う事が、迫害を受ける理由になる訳ないですし、
ユダヤ人もキリスト教もヒンドゥー教も、
個人としての権利があります。

私はよくニューエイジだねと言われますが、同時に神を信仰しています、

そして、究極的には神と自分以外は様々な星や惑星が命の息吹として巡るだけなのだと思う事があります、
つまり、自分と神しか存在してなくて、
その他全てが現象界の幻マーヤを超えないかぎり、

悟りもないし、

善と悪とグレーゾーンにいる事が免れないのかもしれません、

何故ならこの世界の営みも矛盾する事でさえ、
神、行為者が行うのであり、
私もその一部だと思うのです、

とっ真面目に書いてみましたが、
先日、知人に頂いたチョコレートを食べながら書いてます、笑

甘い物は疲れが取れていいですねー、笑



スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神秘の東洋医学との出会い | ホーム | 浄化の方法と法則>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |