透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

霊性と魂の本質

以前からずっと思い巡らせていた事がるのですが、

やはり、信仰は必要だと、毎回想いしらされる。

幸福、幸せになる為の人間としての原理は物理的な快適さ、

全てがあるとしても尚、人間が幸せではなく、

普通の極めて善良な方が信仰をハートに持つほうがよほど満たされているのを目にする。

逆にどんな立場であろうと、

ハートの中が、ニヒリストであったり、憎しみ、怒り、不安、不満があれば、

何億円あれど、幸福感自体はそう変わらないのである。

私には人々と幸福を共有したい夢がありますが、

この日本では、

宗教的な原理での結びつきは大変、難しく、

また、非難の対象にもなりうる。

確かに歴史の中で宗教は多く血も流れたが、

人間の本質が神々から来た以上それを無視し、ただ、お金を稼いで使い、

欲望をひたすら満たしてもラチがあかないのであるが、

生命の進化により人はそうした物をそれほど求めなくなるのもまた不思議だった。

進化した魂の段階の方に何人かお会いしたが、

だいたい物欲が少なく、陰口や悪口を嫌う傾向があり、

嫉みより、人の幸せを想う方も多くいる。

分かり安く言えば、愛が多い人で有る事が多く、

人を攻撃したりしないのである。

私もそうした人間である為に今日も瞑想するのですが、

まだ、上手くいかない事も沢山あります、汗

そして

人の本質も神であるとサイババが語るように、想念を浄化しない事には真の意味での幸福度を上げる事は不可能なようだ、

私もまだまだ、甘いのか、

どうにも井戸端会議が苦手で、

朝に瞑想する時など、

「誰がこう言いだした」

「サイテー」

「死ねばいいのに」

なんて聞こえてくる事もあり、うーん、

こうした言葉が気になるような私の瞑想もまだまだだなと思います、汗

それにしても不思議なのは、ただ感情をぶちまけるのも別にいいとは思うのだけど、

それで本当にスッキリした方を見た事が実はない、

想念が余計汚れてしまうだけなのにと思う。

それよりドーパミンを作り出すのは受け入れ助け合う事なのに、

自分から進んで芸能界でも毒を吐くのが今では常識ですが、

私の個人的に想うのは、

「何もそこまで平和や安定に石を投げたり、攻撃したり、否定したり、戦いたがるのか不思議でなりません」

私は誰かを憎みながら死にたくないですが。

そうした方は誰かを憎みながら死にたいのかもしれません、

積み重ねが

人の心も作るからこそ。

神への愛も、色々な形のささいな愛でもいいから増えたら私は嬉しいです(*^_^*)





風至








スポンサーサイト

スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<聖者アガスティアの予言を読んだ人はどんな気分だろうか? | ホーム | 誰の道を歩いているのか?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。