透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

仕事と個人の本質について霊的には

社会に出れば人間はそれなり仕事をして、

収入を得て生活するのは今は極めて当たり前ではあるが、

少なくても私の立場から言えるのは、

職業と魂や個性、特異性は様々であり、

それが違うほど、人間は苦しむ事である。

例えば私は事務作業や経理などはまるで才能がないですし、

知人は逆にそれが簡単にしかも正確に行う事が出来るのでそれほど苦しくはないのだと語る。

逆に私は営業やサービス業、自営のほうが本領出せますが、

会社は合わない性質でもある、


こうなると社会は「不適合者」として位置ずける訳ですが、

本当の不適合があるとしたら「定義として働けない者」としたほうが正しいのかもしれない、

誰もが得意な分野があります。

誰もが魂の特異性があるものですから、

この複雑な社会でいかに自分の特異性を活かすかが幸せの鍵でもあるのかもしれないですね。

私が
毎日、経理、資料の制作、そうしたワークを繰り返したとしたらすぐにフルストレス状態になるハズです、汗

これは多く方が悩んでおられるのではないだろうか?

または、

多くのクライアントさんを透視して理解できたのは、

職場環境の悪さである事も多くある、

かつて私も少しでも気を抜けばいじめに合う環境で仕事をしていたので、

痛いほど分かります。

色々な事情で、やりたくない仕事についている方は、

まず、自己としての本質を見極めるのもお勧めかもしれませんね。



風至





スポンサーサイト

スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<活かして欲しい個別の運について | ホーム | 学問とサインの同時進行>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |