透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

超えられない運命の壁に時々想いはせる。

私達は何かを比べる時には、

誰もが個人的な経験や、周りの環境などで●●運が良いなど思う事はあるかもしれないですが、

こうした仕事をしていますと、時折、愕然とする事もあります。

オンボロの軽でドライブしながら、

あるクライアントさんの事を思い出していた。

Aさんは金銭的な苦労はした事がないと語るし、それは他の誰が見てもそうだった。

また、Bさんは、最高のパートナーに早く出会い今も仲が良い、

Cさんは、仕事にやたら恵まれ、待遇も良く、人格的にも素敵な方でしたし。

そこには底しれない力が働いている。

私も神々のサポートは受けているのは事実ではあるが、

彼、彼女に比べたとしたならば、微々たるものであり、汗

海辺を1人で走りながら、

想うのである、「これはどうあがいても超えられないのだろうかと?」

しかし、

年齢を重ねる事に、幸せの定義の、個人個人の中で違うのは分かるので、

何が良いのかは、いつの世も恐らくは難しいのかもしれないですし、

矛盾すら受け入れるしかないのも、また人生の問題として、

善、悪はなくとも、このカリユガでは誰の身にも容易に起こり得る事でもある。

だが、真実はどうにも、言葉にしにくい事が多くある。

私が様々な場所で、あちこちでお願いしたプージャの儀式をして、確かに改善した事もあれば、

どうにもならない現実もあった。

国の情勢や、有り方次第で、国民が栄える事もあれば、もちろん衰退する事も事実で、

それらは文明や歴史の中でも既に記載されいる物も沢山ある、

私は常にこうした何か、

どう説明したら良いか難しい人の持つ「運」を見すぎて困惑してしまう事も少なくない。

ただ、言えるのは前世で良い行いをした方は運が良いのは間違いないようだ。

では、何故、そこまで困惑するかと言えば、

ある人は気ままなノリで極めて簡単に成功を収める人もいれば、

ある人は毎日、真面目に努力しても、時代のうねりのように海の波に飲まれてしまう事すらあるからだ。

「ある賢者はそれは私に必要だから私はこうして自らの種を刈るのだ」そう語る。

しかし、

ほとんどの人間はそこまで深い真理に到達して観察する事ができないし、

人間らしい心情や感情もまたあるであろう。

やりきれない事もあるが、

時間の流れの中で時が訪れるまでどうしよーもない事はある。

私の共通する運性は40代を超えないと開花しなとどれも書いてある。

だとすれば、例え話しではるが、若い時は何してもダメとゆー事になるが、
事実20代では確かにどうにもできない事はあまりにも多いかった。

「抗う事ははたしてできないのだろうか?」

それとも卓越した方法論に出会えないのか?

それもまた全て運命なのか?

そして、運の良い方に聞いた答えは、「何故だかそのように事が進んだのです。」

つまり人の何倍も努力した訳ではなく、

なんだか上手くいく感じに運んだのであるが。

そこに越えられない大きな壁を感じてしまい、汗

つい、よくわからない無力感にさいなまれてしまうほどの。

この世界の多様な顕れに少し疲れていた。




風至




スポンサーサイト

スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やはり最後は愛なんでしょうかねー^^ | ホーム | 癒されまくるハスキー犬>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |