透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

アーユルヴェーダの基本とスピリチュアルの研究

太古のインドでは、

アーユルヴェーダと言えば、伝承される過程でより正しく伝承されてきましたが。

現代では、主に日本では健康や医療のような考えが主流になっているようですが、

私は独自に研究していますと、

アーユルヴェーダの生命学は、

スピリチュアルな要素が沢山含まれているのが研究するほど明らかになりつつある。

膨大な知性になるので、多くは語れないのですけれども、

そうした研究をして行くほど、

点と線が繋がり私も沢山の気ずきを得る事が多くあります。

しかし

私はずっと迷う事は多くある。

何故ならば聖者や賢者はこうした伝承過程でいかにそうした正しい伝承をするかを重んじてきたし、

そうした古代の神性な学問を間違う形で伝えるのは非常に、

大きなカルマになるからでもある。

しかし、

ヴェーダを学ぶほどに人は進化する事は事実可能でもあり。

私はいくつも説明できにくい事もヴェーダなら説明出来る事も沢山あった。

そうした意味では、敏感な性質を持ち合わせ個人で感じとれる能力は神々に感謝したいと思う。

エレメントの作用、

ヒーリングの根本原理、

など色々な知性があり、それらを表現する方法論も簡単に言えばですが、

人の中に全て内在している、それは誰にでも言える事であり、

私が特別なのではなく、鋭敏な性質が、いつも気ずきを与えてくれる。

つまり

ヴェーダとは誰でも初めから有る元素そのものなのである。

いつか、ずっと語れないでいる、

こうした研究も神聖な学問も総合して皆様と学ぶ事をどこかで望んでいます。

しかし、

様々な研究をして、やってみて、体感して、

いろんな体の使い方やエネルギーをコントロールしてみて、

そして人間の根本を知り、真理を学んで行くほど、

人間はどんな人も神性であり、

ただそれを忘却しているだけなのであろうと思わざる得ない、

私もよく忘却いたしますが、汗

最近思うのは、私達は生命を与えられ生かされている訳ですが、

どうしても環境や何かを所持している、していない、

こうした資本主義を超えた部分を学び、

霊的な成長を遂げたほうが幸福ではないだろうかと?

思えてならないのです。




風至



スポンサーサイト

スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<4月の空き情報のお知らせ | ホーム | 二元性のせめぎ合いの中でどうありたいのか>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |