透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

リーディグを受けて本当に良かった事と戦いの影

古野さんのリーディグを受けて、雑談もしながら、

素直になり自分の思う質問をしたりして、ふむふむと聞いていた時、

古野さんはクリアなエネルギー状態で、ふっと呼吸をするほど自然に、

「風至さん実は負けず嫌いですね、とても」あっ、、、、、、

、まさにズバリそうでした、汗

男性であればみんな本能的にあるかもしれないですが、汗

そう、私の欠点は負けず嫌いな事で負けると、
肉を切らせて骨を絶つほど負けず嫌いな自分が影のように隠れていて自分を見ていなかったと感じていた。

ハートにすんなり超負けず嫌いな事を認め、

「なんて無意味な戦いの意識が心の影にあった事に気がついて」

本気で思う「もう負けていいのだし、そもそも勝ちも負けも広い世界ではいつでも起こる事を気にするのは辞めようと」

もう格闘技もする事もないだろうし、

とにかく戦う事は私の人生には実は向いていないので、

そんな心はもういいかげん捨てないとなと素直に感じていた。

そんなパワーゲームを無意識にしていたのはショックすら感じましたが、

いい機会になりましたので、

あっさり勝ちや負けの価値観を捨てて生きようと思います(*^_^*)

それよりやはり愛や親切が心地いいですもんね(*^_^*)

古野さんいいタイミングで良いメッセージありがとうございます

オチですが

お恥ずかしいのですが、汗

学生の時などケンカになってしまった時など自分より体格がいいとか、
明らかに自分より強くても、どれだけ叩かれても、
引いたら負けとばかりに、ある意味負けない為なら歯が無くなるまで殴られてもよいと考えていた、
アホな自分を思い出していた、汗

今思えば、おバカな思考回路です、汗

本当に戦うのは恐らく他者ではなく、そうした弱い自分の愚かしい部分と向き合い調和する事でした。

いやー良い意味でスパンを心に入るとは古野さんさすがです、

言葉は同じように使うとしても、

良いエネルギー状態とそうでない時はまるで違う事は私は現場で学んでいたので、

自分はこんな仕事に似た事していたとゆー感覚も得られて感謝してます(*^_^*)

ありがとうございました(*^_^*)


風至




スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<無限とも想える価値観を正しく見るには | ホーム | 本当に起こる奇跡>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |