透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

神聖な学問を学ぶ意志

私がとにかく驚いた事は

Sさんを鑑定し、私がSさんにプージャをお勧めした後にSさんに起きた奇跡だった。

それは本来どうにもならない事がどうにかなった事である。

それから毎日考えていました。

「インド占星術を学びたいと」

そこで、霊的な部分で深く学びがあるAさんに相談しました、

風至、インド占星術を学びたいのだけどAさんはどう思う?

A氏、しばらく真面目な顔で沈黙した後で、こう語りだす。
あなたが、その神聖な学問に対する動機は?

私は即座の答えた、
「少しでも誰かの重荷を取りたいと願う、何故なら私は既に何回もプージャは受けているし、こうした知識を得ても悪い事、
ダルマに反する事には使わないのは変わりはない。」

A氏はさらに沈黙し
こう語り出す、恐らくそれは神々がその動機で良ければ自ずと学べるような気がします。」

風至、そうであろうと本心で想う、何故ならインド占星術は深く探求すれば
知らなくていいような未来予知が出来る事はもちろんある。

しかし

それには人に対する尊厳やモラルは必ずあるし、
するべきでない事も、もちろん存在あるからである。

私がそうした学問を得たとしても、自他共に、魂の救済の為に使いたいと願いはある。

しかし、こうも考える、もしかしたらこうした学問でミスをしたら、カルマは少なくても起こり自分に帰るのは、
今でもそうですが、怖さはそれなりにあるので、
その辺りをキチンと踏まえて学べたらと思います。

愛を忘れないように。


風至


スポンサーサイト

スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<欲しい物が売ってない不思議 | ホーム | 何故か伝染するサイキック能力の不思議>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。