透視カウンセラーの休日

透視カウンセラーとして5000人以上のカウンセリング経験を元に様々な気ずきや霊的なシェアができたら素敵だと思います。

モデリングトレーニングの勧め

誰でも1度はあんな風になりたい、なんて思う事があるのではいでしょうか?

素敵なモデルさんやアスリートなど、世界には素晴らしい人が沢山いるものですが、
「実は人間は自分が描いた人間になりやすいのです」

もちろん、身体的特徴はとても難しいですが、
それでも、アスリートはトレーニングのをして、そのスポーツに適した肉体を作りあげます、

モデルさんは、他人から美しく見えるラインや洋服など気ずかいますし、

学者は沢山の知識を寄せ集め仮説を作り、再現しようと心みます、
こうして、様々なジャンルの集中力や意識を人体や有りようにフォーカスして、
改善していくのも、またお勧めです、

私の話しですが20歳の時思春期だったのか?「凄くイライラしていて近寄りにくい人」
みんなにそう言われて、最後には家族まで「怖い」とまで言われました、

さすがに「これはまずい」そう感じた私は決意しました、
必ず変わるんだと、
ノートをまず10冊買ってきて、自分がどうありたいか、真剣に考えました、

イメージが浮かぶとニコニコしている自分が沢山の人と普通に話している自分でした、
私は毎日、ノートの自分がどう有りたいのか、書きまくり、

脳に焼きつくまで、イメージして書く、そのように振る舞うトレーニングをしました、

2年後、私を見て不快だと感じる人が、かなり少なくなり、
今では、逆に話しやすい、のんびりしてる、など、
完全に意見が逆転しています、

さて、どうしてそこまで変わる事ができたかと言えば、
人間は古今東西
、心理学でも、聖典でも、聖者でも、口をそろえて、
「人間はなりたい存在に近ずくのだ」そう語るのです、

皆様の内にもこうした力は常にあります、
誰もがなりたい自分に近ずく事ができます、

ですので、皆さんもなりたい自分がイメージできたら、
お勧めですよ^^

しかし、1つこの方法は注意点があります、
けしてしてはならないのは、自分の本質的な性質を、完全に無視して行うと、
どう、他人に自分を表現するか完全に見失います、
これは危険ですので、自分の本質だけは大切にしてください、

俳優の竹中直人さんですが、彼の自己表現は少なくともナチュラルではありません、
様々なものまねを含めてようやく表現できるタイプですので、
疲れたりするだろうと見ていてよく思います、

皆さんも、
なりたい自分がいたら、
本質とズレがなければ、

上手に変身してみてはいかがでしょうか?
私は変われて幸せでした^^

しかし、ただ、ありのままもいいのかもしれないですね^^



風至






スポンサーサイト

心と身体 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<心、技、体、肉体、心、精神のバランス | ホーム | インドの占星術師に地域の指定されて>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |